​優雅に楽しみ世界と出会う

チェスの楽しみ方は人それぞれです。

あなたらしく楽しんでください。美しさに魅かれたりしても良いのではないでしょうか。

実際チェスピースの美しさから手に取る人が圧倒的に多いのです。

白と黒に分かれ、動きや形がドラマチックで特徴的であること。このバランスの良さが世界に6億とも7億ともいわれる老若男女が親しむボードゲームである所以です。

そして絵画や、映画、書籍、歴史からひも解くチェスの世界もあります。

また義務教育の授業にチェスゲームをとり入れている国もあります。

世界の歴史と共に変遷を遂げてきたチェス。

今、言語や文化の障壁の無いコミュニケーションツールとしてチェスは「考える楽しさ」を教えてくれます。

自由が丘クィーンズチェススクールは

 

自由が丘クィーンズチェススクールは女性のためのチェススクールです。​ただ「ルールを教わる」、「できるようになる」スクールとは一線を画しております。“自ら考える”、“疑問に思う”ことを大切にしています。そのため完全予約制で1日3名様まで。


例えばなぜチェスピースの形が違うのか疑問に思うことはとても大切です。レクチャーと思考を養う脳トレを組み合わせた構成で、杓子定規にルールを教えることはしておりません。自由に楽しく学んで頂きます。4月からチェススタイルビギナーはオンラン講座も実施しております。

​チェスを通して「物事の本質を見極めるための考え方」をご提供いたします。あなたの人生がより生きやすく美しく花開きますように。

pexels-photo-860377 2 (1).jpg
 
 

こけ

こけスは青森県立黒石商業高校の「課題研究」という授業で考案されました。 平成22年(青森新幹線が開通した年)黒石市のお土産として何か商品開発をしようと考え、こけしを昔のように、子供の遊び道具とすることで、地場産業である津軽系伝統こけしの知名度を上げ、黒石市の活性化を目指しています。こけしの「既存製品の新用途開拓商品」として世界的なゲームチェスとコラボレーションさせています。弊社は製作者の今さんにオリジナル商品Dress up chess!こけス を作って頂いてチェスラボで使っております。

 

小さなこだわり - 美しく粋に-

-64のマス目に広がる魔法の世界へようこそ-

チェスは日本ではあまり身近にありません。でも実は気になっている方は多いのではないでしょうか。あなただけの上質な空間で楽しんでください。

チェスはレッスンでもラボでもすべて木製・石製のものを使っております。Dress up chess!も一つ一つ、手で描かれたものです。その他のボードゲームも美しいものを採用しています。講座では旬の紅茶、厳選したお飲み物をご提供しています。

shutterstock_22295530.jpg

Chess Lab

チェスラボは受験のための習い事ではなく小学生の皆さんが自ら参加していただく、ボードゲームとチェスを取り入れたラボです。子どもは学校だけでなく、自然、社会の中で育ちます。デジタルではない人と人とのつながりは重要だと考えています。

独自のカリキュラムでコミュニケーション能力、客観的思考や生き抜く力をチェスコンシェルジュTMと養います。

授業・アフタースクールに出張いたします。お気軽にお問い合わせください。

チェスのある風景

 

日本ではなぜチェスを見かけないのだろう?あったら楽しいのに…。

その想いの原点は幼少時に過ごしたイギリスやその後ヨーロッパの国々の生活にあります。イギリスのお宅では執務室や客間にチェスがよく飾られています。その美しいフォルムに惹かれいつしか自分もチェスで遊んでいました。ハンガリーやオーストリアの公園では石でできたチェスボードが置いてありピースさえ持って行けば知らない者同士でも楽しむことができます。私の思い出のチェスボードとピースは今でも家に飾られています。

気軽に楽しむチェス

世界の国々に行くと老若男女問わずチェスを楽しんでいる光景が見られます。ボードゲームの1つとして楽しんでいただきたいと思います。