top of page

マルセル=デュシャンMarcel Duchamp

Marcel Duchamp マルセル-デュシャン(1887-1968)は フランス、ノルマンディー地方出身で言わずと知れた現代アートの父、そしてチェスプレーヤーでもありました。


1913年Ready madeシリーズを展開し渡米後1917年、既成の便器をそのまま置いた作品「噴水(泉)」で物議を醸したものの、一躍時の人となりました。


1923年に「大ガラス」を未完で放棄し、数十年間チェスに没頭しチェスオリンピアードにフランス代表として4回出場しています。


またローズ・セラヴィという名を名乗り、美術家で写真家のマン・レイに女装のポートレイトを取らせたことでも有名です。



彼の作品でチェスが登場する絵画にはどのようなものがあるのでしょうか。

フィラデルフィア美術館では3つの絵画があります。

ご興味のある方はサイトをご覧ください。


1 The Chess Game

2 Portraits of Chess Players

3 The Chess Players




Comments


bottom of page